ゆーぱぱです 備忘録なのにバイクブログになってしました。 普段のアレコレはFacebook↓で。
by ゆーぱぱ

カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
雨ガエル1号さん KT..
by zQ_Qz at 21:02
カブのプラグ交換を始めて..
by 雨ガエル1号 at 13:25
斎藤乱舞さん 今どきの..
by zQ_Qz at 21:58
すさきちさん 普段から..
by zQ_Qz at 21:56
maou2929さん ..
by zQ_Qz at 21:54
いいモノをご購入されまし..
by 斎藤乱舞 at 08:21
同じヤツ使ってます(笑)..
by すさきち at 21:14
工具って大切ですよねぇ ..
by maou2929 at 17:15
八馬力さん 使い込んだ..
by zQ_Qz at 20:27
メカチューンの基本、細か..
by 八馬力 at 19:47
最新のトラックバック
画像一覧
by zQ_Qz | 2017-05-05 18:47 | Moto-guzzi V7 | Comments(2)

春の2泊ツーリング その1

1週間前から天気予報を見ながらツーリングの計画を立てていた。

参考にしたのは、いつものWindyty。

どうあがいても5月1日は雨になりそうなので
そのつもりで4/30~5/2の2泊3日の予定とした。

目的地は群馬、長野、山梨方面。
今回は新しい愛車Motoguzzi V7iiで走る。

一般道はWaveのほうが楽しいのだが、
高速を使わないと距離が稼げず体力が持たないので仕方ない。


4月30日(日)
前夜早く寝たこともあるが、3時過ぎには目が覚めてしまい
4時には起きだして支度を始めた。

荷物は前夜に搭載してあるので、身支度だけをして5時過ぎに出発。
b0080681_18344760.jpg
ヘルメットには小型のBluetoothレシーバを付けたので
音楽を聴きながらナビの音声案内も使える。
これは予想以上に便利だった。


二本松I/Cから高速に入る、安達太良山がきれい。
旅の初めがいい天気だとうれしいものだ。
b0080681_18344666.jpg
タンクの上に、今日のルートをメモして張り付けておいたが
高速に入って10分もしないうちに袋ごとはがれて飛んでしまった・・
b0080681_18344673.jpg
旅にはトラブルが付き物だが、今回はこれで厄払いが出来たか?
そう思うと気が楽になった。

家を出たときは気温7℃だったが、白河から栃木に入るころは3℃。
b0080681_18344618.jpg
那須高原SAで最初の休息。
グリップヒーターを使っているので手のひらは暖かいが
手の甲と指先が冷たくてたまらず、トイレの手洗い温水で指先を温める。
b0080681_18344604.jpg
西那須野塩原で高速を降り、R400を塩原経由で会津西街道へ。
峠に入るとさらに気温が下がり、R121へ入ると0℃前後・・・

寒くてたまらず、中三依温泉駅でトイレ休憩しカッパを着こむ。
b0080681_18455430.jpg
カッパを着たら寒さが一気に和らいだ。
こんなことならもっと早く着れば良かったのに、と反省。

五十里ダムから右折してK249川治ダムへ。
次は左折してK169栗山日光線を。

今回最初の峠ワインディングを楽しんだが、まだ体が固まったママで写真なし。

2つ目のクネクネは霧降高原。
ここは路面も良くて、大型バイクなら登りも楽々で楽しいのだ。
b0080681_18455409.jpg
ここで気温が10度を超えたのでカッパを脱ぎ身軽になった。

山を下って日光へ。
b0080681_18455556.jpg
いろは坂を駆け上って、中禅寺湖も戦場ヶ原もスルーして
再開通したばかりの金精峠。
b0080681_18455503.jpg
金精峠の下りは路肩が凍結していて怖い。
丸沼高原の丸沼は「カチンカチン」に凍っていた。
b0080681_18455592.jpg
R120はロマンチック街道というらしいが
何がロマンチックなのか?私には理解できず。
b0080681_19065993.jpg
本日前半のルートマップ

沼田からR145-R353-R55とロマンチックは名前だけで
普通の田舎道を走り、
道の駅六合(「くに」と読む)でやっと昼食。
b0080681_19105696.jpg

手ごろな値段のソバ+天ぷらをいただく。
b0080681_19362057.jpg
なぜかヤマハRT1が展示してあった。
怖くてキックが出来ないという伝説のあったあれだ。
b0080681_19375546.jpg
オドメーターは奇跡の1400km
b0080681_19375538.jpg

次は草津温泉を経由して白根山~志賀高原へ。
景色最高だが、車も自転車も多くてノロノロ走る。
b0080681_20234740.jpg
b0080681_19401461.jpg
b0080681_20234857.jpg
残雪に囲まれながらどんどん高度が上がると気分も上がる。
b0080681_19401349.jpg
吹き溜まりの雪の壁は5mぐらい。
b0080681_19401401.jpg
横手山山頂にて
ここまで自転車で上る人多し。。。
b0080681_19454147.jpg
これがロッジの社用車?
b0080681_20251720.jpg
志賀高原の蓮池で引き返す。
b0080681_19454245.jpg
白根山から右折して万座ハイウエイへ。
b0080681_19105633.jpg
クルマが少なかったから楽しめたが、通行料720円は高いなぁ~

今夜の宿は嬬恋村の「北軽井沢〇〇ホテル」だが
名前はともかく、実際は松林の中で周囲は山ばかり。
直近のコンビニまで10km以上あったのだ。
b0080681_20350189.jpg
これで、今回ツーリングの厄払い完了か。
ホテル入り口には劇団のポスターあり。
b0080681_20350277.jpg
5時にはチェックインして風呂に入ってさっさと就寝。

本日の後半ルートマップ。
b0080681_20260552.jpg
1日目の走行距離は約450km


明日は上田経由で美ヶ原高原~甲府の予定だが、
天気予報は40~50%雨。

上空の寒気のせいで荒れ模様確実だ。

いつもご覧いただきありがとうございます。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
[PR]
by zQ_Qz | 2017-05-04 20:36 | Moto-guzzi V7 | Comments(2)

週末は部位七で

先週末はV7で近距離ツーリング。


4/15(土)
大型2輪免許は持っているのに、根っからのオフローダーで
ロード系バイクはカブしか乗ったことが無い!!というKazoo氏にCB1300を貸して相馬方面へ

飯舘村からはやま湖にて
b0080681_18504101.jpg
自分のバイク2台を自宅以外で並べるのはこれが最初で最後?

CBの太いフロントタイヤのため癖のあるハンドリングには参ったようで
「下りのコーナーは走りにくいが上りは気持ちが良い」とのこと。

相馬経由で115号を福島に戻る。

相馬福島の道路が部分開通していた。
当分は無料らしいが自動車専用道路なので125cc以下は通行不可・・・
新しい道路は気持ちがいいなー
b0080681_19251545.jpg
飛ばすわけではなくても登りは1300のほうが楽ちんだ。
b0080681_19252055.jpg
阿武隈山系はちょっと寒くて気温16℃。
でも牧場のアイスで一息。
b0080681_19271163.jpg
ショーケース内で一番派手だった「ストロベリーケーキ」
b0080681_19271087.jpg
毎度ながら普通サイズのアイスが260円はありがたや。



4/16(日)
朝一と午後に町内会行事があったので、その間にちょいとひとっ走り。

岳温泉経由で土湯峠まで。
雪の壁の向こうに見えるのは磐梯山。
b0080681_19305856.jpg
道の駅土湯はバイクだらけ。
b0080681_19271016.jpg
こんな物騒な?タンクを積んだ人もいる。
実はホーン用のエアータンクなのだが、純正マフラーより軽量かも。
b0080681_19341588.jpg


モトグッチが止まっていたので隣に駐車。
このV7Racerを買おうとしたら「あれは止めたほうがいいよ」とバイク屋さんに言われたらしい。

このバイクに乗るのは基本的に物好きなのだろうか。

確かに国産車に比べると欠点ばかりが目に付くバイクだが・・・・まぁいいか。
b0080681_19350136.jpg
V7レーサーはピカピカのメッキタンクの手入れをすると
もれなく自分の呆けた顔のチェックができる・・
b0080681_19305769.jpg


モトグッチが2台は珍しいね~とあれこれ情報交換していると
最新型のおろしたてV9ボバーがやってきた。
b0080681_19305825.jpg
V7より高級感のあるエンジンに見とれる。

前タイヤがCB1300と同じ130サイズのボバーだが、オーナーさんによればハンドリングに癖は無いらしい。

ちなみに、後方はゴールドウイングF6B(すでに生産中止)で
その後ろは女性の乗るボルトCスペック(改)と今日は珍しいバイクが多い。

ここに集まるバイク乗りのはかなりの割合が私同様のジジイである。

良いか悪いかわからないが楽しいコミュニティなのは確かだ。


いつもご覧いただきありがとうございます。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
[PR]
by zQ_Qz | 2017-04-18 19:50 | Moto-guzzi V7 | Comments(0)

V7ii 納車後のあれこれ

先日納車したV7

あちこちいじったので備忘録としてまとめておく。
(もとぐっち納車待ちの某BP氏向けか?)

他の車種にも参考になると思う。


1、サイドスタンド

欧州車の例にもれず、サイドスタンドが短くて車体の傾きが大きすぎる。

アルミプレートで下駄を作ろうと思ったが、結構な大きさになって重すぎるので中止。

結局、手持ちの合板(t=20)でインチキスペーサーを作った。
機能性優先で見栄えが悪いのは我慢しよう。★★

b0080681_19401829.jpg
2、エンジンガード

左右にそそり立つシリンダーがGUZZIらしいのだが、すっ転んだら間違いなくぶっ壊れる。

昔ながらの左右に張り出した大きなエンジンガードは嫌だったので小さめの地味な真っ黒エンジンガードを取り付けた。
(Over Racing製 派手なメッキもあり)★★★★
b0080681_19401734.jpg
3、メーターバイザー

アルミの純正品は高くて手が出ないのでAmazonの激安品で¥1,800。

アクリルのスモーク風防は品質に問題ないが、取り付けステーは大問題。
ステーはバイスに挟んでねじって無理やり取り付けた。
購入者の評価は★一つレベルだろうがオイラは気にしない。
b0080681_19401796.jpg
4、リヤキャリア

カッコ悪いトップケース(愛用者の皆さんゴメン)を付ける気は無いが、ツーリングバッグを楽に付けたい。
アシストグリップを兼ねたキャリアを取り付けた。

これでジジ臭さ+150%
motoguzziから もろZizziだ。

イタリア製らしく、前方の取り付け部の穴がねじれていてそのままでは取り付けできず。
またもやバイスに挟んで取り付け部を無理やり修正した。
ここでも★一つ・・
b0080681_19401902.jpg

5、ETC付車両のはずだったのに届いたバイクにETCは無かった・・・

東京の某S系販売店に文句を言って速攻でバイクを引き取ってもらい新品ETCを取り付けさせた。
ここではマイナス評価の販売店。---★
b0080681_19401888.jpg
シート下のETC本体はともかくとして、アンテナをハンドルマウントされるとカッコ悪いので
「アンテナは自分で付けるからメーターの下にぶら下げておいてください」

現物合わせでアンテナの取り付けステーを作って、メータとライトの間の目立たない場所に取り付けた。
先日、高速を1ブロック走って動作確認すみ。
b0080681_19401875.jpg

6、グリップヒーター

手先が冷たいのはたまらないのでがんばって取り付け。
だって面倒なんだよこれ付けるのは

キジマのハンドルスイッチタイプ L=120mm HG07
本当はグリップが細いホンダ純正が良かったのだが値段が2倍だったので。。。

ほんの少し太めのグリップだが、これで1万円なら文句は言えない。
b0080681_19401893.jpg
問題は、このクリップヒーターは内側がPP製パイプなので接着剤が効かない。

グリップをハンドルに固定するには付属のアルミテープを適当にハンドルに張り付けて
隙間を調整してグリップを押し込むようにするしかないのだ。

これは加減が分かりにくいので皆さん苦労するのでは?
私の評価★★★★


7、ハンドルの幅を詰める ★★★★★

オリジナルだとハンドルバーが広すぎるので、ついでにグリップを内側に移動した。
移動後の両端幅は約700mmとした。(CB1300と同じ)

普通ならハンドルの両端を切り落とすのだが、このハンドルはグリップエンドの
取り付け部がカシメ留めしてあったので切断ができなかった。

仕方が無いので、グリップとグリップエンドの隙間(13mm)には
使い古しのグリップラバーを適当に切って挟み込んだ。

ハンドルスイッチの移動にはハンドルにボス穴φ5の加工が必要。

出来上がれば全然不自然さは無くて、思った以上の仕上がりに自己満足。


8、電源とスマホホルダー

今やお約束のバイク装備の二つ。
ハンドル周りがゴチャゴチャするのは嫌だが、これは仕方ないか。★★

メーターの右下に見える小さい丸いのはETCのインジケータ。
b0080681_20184997.jpg
9.バッテリ充電プラグ

シート下の写真にちらっと写っているが、バッテリ充電器用のプラグを設置した。
セルスターは安いモデルでも補充電用の直結プラグが付いている。

冬季はどうしてもバッテリが弱まるのでこれは必需品だし、
バッテリを買うより充電器のほうが安いのだから。★★★★★


と、ここまで手を入れて、V7の見た目はあまり変わらないが
自分としては使い勝手が普通になった気がする。


いつもご覧いただきありがとうございます。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
[PR]
by zQ_Qz | 2017-04-05 20:04 | Moto-guzzi V7 | Comments(0)

空冷OHV

毎年の事だが、
桜が咲くまでは杉花粉がひどいのでバイクに乗る気にならない。

そんな春先だが、ついつい増車・・・・・

「こんなの買うお金無いでしょ、どうやって払うの!!」

「・・えっと、あれを解約して・・・老後の資金を前借りしますので・・・」

b0080681_16530986.jpg

憧れの「空冷 Vツイン」 2016モデルの中古車。

試乗もせずに買ってしまった「新しい旧車」。


昔より癖が無くなったと言われるモトグッチだが
なかなかどうして、原始的なフィーリングで面白い。

スタートでエンストしまくり、乾式単盤クラッチは結構気を遣う。

走った印象は「中学生のころ初めて運転した耕運機みたい」だった。


4000rpmを超えるとスムーズに回るエンジンは
7000rpmで点火カットされてしまう。

750ccなのに、たったの48馬力(EU出力規制)なので全然速くないが
適度な振動がある2000~3000rpmでドコドコ走るのが気持ち良い。


バビューンと加速するバイクも面白いが、
何せ歳なので・・・遅いバイクにしたのだ。


重くて取り回しが大変なCB1300SFは下取りに出そうと思っていたが
2台を乗り比べたらCBはとても乗りやすくて、4気筒のスムーズさも捨てがたい。
(CBはエンストの心配が無い)
b0080681_16562288.jpg
CB1300は車検も少し残っているし、どうせ下取り価格は安いだろうから
当分は手放さずに置いておくつもりだ。

CD50改Shabbyくんも並べてみると、
CBにもモトグッチにも負けていないなぁ。

結局のところ、
自分はこんな形のバイクが好きなんだと改めて思った次第。
b0080681_18215236.jpg


いつもご覧いただきありがとうございます。

年寄りは古臭いバイクがお似合いだと思ったらポチっと。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
[PR]
by zQ_Qz | 2017-03-26 17:24 | Moto-guzzi V7 | Comments(8)